文化・芸術

2012/02/12

和田誠の反原発ポスター

和田誠が描いた反原発ポスターの画像を見た。いい絵だと思う。

自分は福島に住んでるわけじゃないけれど、この絵の母子のような表情をしたことはあるし、こういう表情をしている時、どんな気持ちなのかも、自分なりにわかる。

たぶん誰もがこういう表情をしたことはあるだろうし、こういう気持ちになったこともあると思う。

皆が知っている気持ち。

被災した人々は、まだこういう気持ちが続いているのだろうか。

そんなこともないか。#普通の福島

2010/04/20

井上ひさし死去

たしかヘビースモーカーだったはずだから、75歳で肺がんなら、まあね。寿命かなと。

家族によると、昨年10月末に肺がんと診断され、11月から抗がん剤治療を受けていたという。

井上さんは昭和9年、山形県生まれ。上智大在学中から浅草のストリップ劇場「フランス座」文芸部に所属し、台本を書き始めた。39年からは、5年間続いた「ひょっこりひょうたん島」の台本を童話、放送作家の山元護久とともに執筆、一躍人気を集めた。
MSN産経ニュースより

割と好きな作家で、数はさほど読んでないと思うけど、どれも面白かった記憶がある。一冊選ぶとなると、なんだろ。やっぱ吉里吉里人かな。

博覧強記の人らしく緻密にして壮大、しかも言葉のギャグてんこ盛りの喜劇。

読み出したら後を引く面白さで、上下2段組みの分厚い本にもかかわらず、しおりを挟んではもうちょっとだけ、なんてやりながら、割と一気に読み切ったと思う。

駄洒落地口なんかは、日本だと軽く見られることもあるけど、生み出すには大変な労力が要ることは知ってたから、よくもまあこれだけの量を書き切ったもんだ。です。

もうね、ほのぼのとした狂気さえ感じて。

その意味では安野光雅による装幀もベストマッチ。

まあ、前妻の西舘代志子(好子)が書いた本は読んでないし、ネットの抜き書きは文脈も何もない断片が殆どなんだけど、性格円満で根っから温厚な善い人には、吉里吉里人みたいな話は書けないんじゃないか。とは思う。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ともかく、彼の死を知ったときに頭に浮かんだのは「ドン松五郎の生活」の一節。

あなたは短いあいだしか生きられなかったのに、ずいぶん大きな仕事をしましたね。おかげで母さんは鼻が高いわ……

安らかに。

「吉里吉里人」文庫一覧@アマゾン
「ドン松五郎の生活」文庫一覧@アマゾン

2009/07/01

7月1日(水)の朝食:レイモン・サヴィニャック

野菜一日これ一杯:200ml
豆乳+おから・のむ大豆:50ml
板チョコ:1カケ
コーヒー
ウーロン茶

板チョコは森永ビターチョコレートで、サヴィニャック限定パッケージというもの。1月頃から販売されていたらしいけど、こないだ初めて見かけて、買ってみた。

レイモン・サヴィニャックはフランスのイラストレーターで、ボールペンのビックのキャラクターなんかも彼のデザイン。フランスのエスプリというとこの人。かな。

森永のチョコのパッケージはミルクとビターで別の絵が使われていて、ビターチョコの方は口の周りにチョコをくっつけた子供の絵。実際に指で絵の具を塗ったのかもしれない。

こらこら口にチョコ付けてんじゃねーよ。あー手で拭いて、しょうがねえな、こいつ。

どこにでもいそうなガキンチョだけに、大変にリアルな絵。

「サヴィニャック」一覧@楽天市場

2009/02/13

今夜の酒とつまみ:アトミック・カフェ


博多の華:70ml 梅割り。
宝焼酎25°:350ml ポッカレモンお湯割り。

つまみ
松前漬。しそ昆布。キムチ。

ケヴィン・ラファティ、ジェーン・ローダー、ピアース・ラファティ「アトミック・カフェ」
国家がその気になれば、国民のコントロールなど雑作ないことが、よくわかる。どうにもならない感が強い映画。

アメリカ陸軍訓練用映画なんて、今見ると魔女狩りの印象が強いし、群衆の熱狂だって、アメリカだから"We Like Ike"なだけで、"Heil, Hitler"であっても、さほど温度差はない感じ。

右も左も国家次第というか。自由を守れと言いながら、やってることはリンチに近い民主主義による共産主義弾圧。

当時は被曝した人々の状況、原爆の危険性を説く少数の専門家やジャーナリストの声は、全く米国民に届いていなかったみたいだけど、今はどうなんだろう。近年、原爆に関する展覧会が米国内で開かれたんだっけ。

といった映画の内容を別にすれば、この世のものとは思えないさまざまなキノコ雲の映像美は、多分デューラーが夢見た洪水のイメージと同じもの。まさか自分の想像が後の世に実現しようとは、デューラー自身考えもしなかっただろうけど。

「アトミック・カフェ」DVD@アマゾン

アトミックカフェと二本立てならコレでしょう

スタンリー・キューブリック「博士の異常な愛情」DVD@アマゾン

2008/12/04

ラロックの聖母

よくわかんないけど、こんなまとまりのない構図を
レオナルドが描いたのかなと。

元々大きな絵を切ったのだろうか。

ラロックの聖母