日記・コラム・つぶやき

2012/04/30

Gangster

撃ったその日から命(たま)の取りっこになりました。

2012/02/12

和田誠の反原発ポスター

和田誠が描いた反原発ポスターの画像を見た。いい絵だと思う。

自分は福島に住んでるわけじゃないけれど、この絵の母子のような表情をしたことはあるし、こういう表情をしている時、どんな気持ちなのかも、自分なりにわかる。

たぶん誰もがこういう表情をしたことはあるだろうし、こういう気持ちになったこともあると思う。

皆が知っている気持ち。

被災した人々は、まだこういう気持ちが続いているのだろうか。

そんなこともないか。#普通の福島

2012/01/03

ビートたけしのガチバトル2011

録画しておいた「ビートたけしのガチバトル」という討論番組を見たら、他人の発言に被せて喋りだす出演者が多くて、番組の最後の方になると、もう誰が何を言ってるのか全く聞き取れないカオス状態。

もうね討論どころの騒ぎじゃなくて、まるで往年のモンティパイソンを彷彿とさせる不条理コント。題して「聖徳太子の直系子孫(一人を除く)による討論会」。舛添要一が「人が話してる時は黙ってろ!」と一括したとこが笑うとこ。多分。

ただ、いかんせん二時間は長過ぎ。せいぜい十分だろ普通は。

後、ビートたけしが全然仕切れてなくて、口すらろくに挟まなかったのは、多分下調べ、全然やってないんだろうなあ。これでギャラは一番高いんだろうから豪儀なもんだ。いっそのこと出演せずに金だけ取ったらどうか。伝説になれるぞ。

しかし、こういうの見ちゃうと、なんだかんだいって田原総一朗はプロだなあ。と思う。

といっても討論番組自体ほとんど見ない。ごく稀にニコ生でやってる番組を見るぐらいで、テレビの討論番組はなあ、見たことないや。

いや朝生は昔何回か見たことあったか。あと日曜討論をラジオで聞き流すことはあるか。内容は憶えてないんだけど。

2011/11/08

減反政策と食糧自給率

食糧自給率を持ち出してTPPに反対する意見があるけど、TPP反対はともかく、米作らせないでおいて、自給率を上げろってのも、妙な話だとは思う。

ま、十年か二十年後に零細兼業農家が消えた後、生き残った農家があれば。かな。

2011/07/21

ケンコーのエネルグは単三エネループより短い単二サイズ

充電池はなんとなくエネループばかり使ってたんだけど、こないだエネルグ(ENERG)という名前の単三充電池を見かけて即買い。

正確には、ホームセンターには1000mAhのしか置いてなかったので、ネットで検索して高容量タイプの1800mAhを8本注文したと。

で、普段めったにしない即買いの理由は、サイズ。

一応乾電池の寸法というのは規格があって、電池の長さ(総高)は殆どの場合、単二より単三の方が長い。

単2形:最大50.0mm・最小48.6mm
単3形:最大50.5mm・最小49.2mm
パナソニックのデータより

まあ容量を稼ぐためには仕方がないんだろうけれど、割と大型の、単二電池4本を直列で入れるラジオに、単三エネループをスペーサーかまして入れようとすると、一本当たり約1ミリ、4本で計4ミリ長くなるから、もうキツくてキツくて。正直入らない。

で、今回売場でエネルグを手に取ってみたら、エネループや充電エボルタより明らかに短くて、単二乾電池と背の高さがほとんど同じ。ややっ長年探し続けてやっと見つけた覚悟しやがれ。みたいな。

実際に入れてみると、エネループより0.8ミリぐらい短くて、4本直列でも楽々。斯くてICF-EX5をACアダプタ無しで持ち歩けるようになったわけで。

いや嬉しっす。

「ケンコー エネルグ(ENERG)」一覧: @楽天市場 @アマゾン
「Sony ICF-EX5」一覧: @楽天市場 @アマゾン

2011/07/13

ネット視聴でも受信料徴収、NHK調査会が答申

例えて言えば、ついこないだ近所に越してきたばかりのヤクザが、みかじめ料よこせと凄んできて怖い。とか。

テレビがなくてもインターネット経由の受信機で番組を見ることの出来る世帯が判明した場合「新たな受信料体系に組み入れ、受信料支払い対象者に追加する」と提案している。
2011年7月12日20時02分  読売新聞

2011/07/12

太陽光節電

発電。というから角が立つんで、太陽光で電気を節約しましょうっていえば、皆さん賛成するんじゃないか。と。

再生可能エネルギー全量買取りなんてやるより、エアコンと冷蔵庫分程度を賄えるソーラーパネルを、国か電力会社が9割負担かなんかで各家庭企業に導入させた方が、よっぽど即効性あるんじゃないかと、密かに思ってて。

消費電力を超える発電されると、ジェットコースターみたいな電気がだぶついて出力調整しなきゃなんなくなるから、あくまで消費電力未満の発電だけ補助。結果消費電力が減って、ここが節電。

もちろん夏場のピーク時に不足する電力量分だけ導入すれば90%OFFキャンペーン終了て煽れば、あっというまのはず。

まあ福島以後の俄なんで、適当なこと書いてるけど、夏の炎天下に電力使用量のピークを下げるためなら、真夏の太陽光で発電するのって理にかなってると思うし、ピーキーな電力だから融通の利かない原子力発電とも、もともと相性は良かったんじゃないの。

素人目には、原発の屋根にソーラーパネルを乗っけててもおかしくないと思うんだけど、未だにそうはなってないのは、原発の建設でもってんまい汁をじるじる啜ろうって輩が業界を牛耳ってて、夏場の一瞬のピークロードまで原発で発電させれば、おおすごいぞどんどんげんぱつつくってかねがもうかるぞう、反対派は反対派で汚らわしいげんぱつなんてぜんぶはいろいがいはぜえったいみとめま以下略。

2011/06/02

5月21日のtbsラジオ永六輔の番組を聴いていて

何となく思ったこと。

ゲストの北山修が、終戦になった途端に態度を変えた学校教師のことを、矛盾していると言っていたけれど、別段、矛盾はしてなかったと思う。

戦争が終わった時に変わったのは、船頭が右から左に舵を切ったことであって。お上に忠実な日本国民は、何も変わらず一生懸命に船を漕いでいただけだろう。

つまり「日本は今日から民主主義の国です」と、お上が言ったから、日本は民主主義の国になったわけで。これが欧米の民主主義と同じものかどうかは、ちょっとわからないんだけど。

ともかく、後知恵だからこそ矛盾してるなんて言えるわけで、当時、実際に豹変した先生に向かって「この卑怯者!」なんて毒づいた生徒、殆どいなかったんじゃないかなあ。

ちなみに、もしも占領したのがロシアで、お上から「おまえら今日から共産主義」なんてお達しがあったら。

小林信彦が書いてたな。ステンカ・ラージンとか、ちゃんちきタワリシチとか

2011/05/12

警戒区域へ初の一時帰宅、川内村(0.4μSv/h)で実施

避難先の0.7μSv/hビッグパレット福島から、0.4μSv/hの川内村へ、防護服で固めて一時帰宅って。。。

避難してる住民はともかく、郡山市や川内村の職員やマスコミ記者なら、放射線量を知らないはずないから、現在の川内村で防護服が必要かどうか、議論があってしかるべきだろうに。

フリージャーナリストなんかは、こういう事実隠しを暴くのは得意だと思うんだけど、誰も突っ込まないのだろうか。王様は裸いや防護服とか。

それとも実は危険ですネタじゃないと、フリーはスルーとか。

ちょっとこれは。

滑稽どころかグロテスクな光景。

2011/04/19

事故発生直後に「原発ほぼ制御不能の所まで行った」らしい

制御不能だったのなら、米国のように最悪の場合を想定して、最初から避難範囲を大きく取って、一度の避難で済むようにすれば良かった。

3キロ10キロ20キロなどと何度も避難先をはしごさせて、住民の体力気力どころかガソリンまで消耗させたあげくに、あとは自主避難しろとか言われたって、簡単に動けるわけないでしょが。

「原発ほぼ制御不能の所まで行った」細野補佐官

 細野豪志首相補佐官は16日午前のBS朝日の番組で、東京電力福島第一原子力発電所の事故発生直後の状況について、「どん底までいった。ほとんど制御不能のところまでいった」と述べ、一時、かなり危機的な事態に陥っていたことを明らかにした。

 その上で、「少しずつだが、コントロールできるようになった。冷却機能の回復という大きな壁を乗り越えないといけない」と強調した。

(2011年4月16日13時49分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110416-OYT1T00375.htm

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ